超手抜きレシピ

今回は、実家の確定申告を過大に申告していたことに気づいたので、
更正の請求をしなくてはいけないので、
超忙しい時のお助け副菜を紹介します。

きゅうりを乱切りにする
昆布の『さざなみ』を適量入れる
醤油を少々入れる
混ぜて出来上がり。
はり生姜を入れても美味しいです。

お弁当にどんぶりを

昔はお弁当といえばおかず何品かとご飯。
ご飯は日の丸かふりかけで、おかずはなるべく汁ものは避けて、煮物でもできるだけ水分はきって・・・というのが当たり前でしたね。
しかし、最近はお弁当に制限がなくなってきました。
お弁当にもカレーやどんぶり、またうどんやスパゲッティを食べたい!という人が増え、汁が漏れないように、麺がのびないように、といった様々な工夫をして持って行く人がたくさんいらっしゃいます。

以前、雑貨屋でどんぶり型の弁当箱を見かけました。
器はご飯茶わんを深くしたようなまさにどんぶりの形になっていて、二段重ねの上の器は具やソースを入れる容器になっているのです。
上の器にはタッパーのような蓋がついているので、密閉でき、汁ものを入れても余程のことがない限り簡単にはこぼれません。
さらに、小さめの容器もついていて、こちらは何かというと薬味入れ。

この弁当箱を利用すれば、下に白ご飯、上に鶏肉の卵とじなんかを入れていけば、お昼に親子丼が食べられます。
下に茹でておいたうどん、上につゆ、薬味入れにネギやわかめを入れておけば、わかめうどんが食べられます。
その他、カレー、ハヤシライス、中華丼、牛丼、各種スパゲッティ(パスタ)、おそば、ラーメン、つけ麺だって持っていけますよね。
他に、工夫次第ではいろいろなものができそうです。

・・・でも海鮮丼は具が腐りそうなので避けた方が無難ですね(笑)
冷房がガンガンに効いた部屋に置いておくなら大丈夫かもしれませんが、暑いところはアウトでしょうねえ。

たっぷりキノコのトマトリゾット

子供が熱を出し、脱水症状がみられたので2・3日入院することに・・・。入院費用は郵便局の学資保険に入っていたので、入院1日目から給付されたのでなんとかなりました。2日目には元気になり、熱は少し高めだったけれど『おなかすいた』というのでこっそり家で作ってきた子供の大好物のキノコリゾットを食べさせてあげた。早く元気になってくれるとうれしいなぁ~

☆材料
タマネギ しめじ マッシュルーム ホールトマト缶 ご飯 固形スープの素 塩・こしょう少々 粉チーズ

☆作り方
1.材料を切る。タマネギはみじん切り。しめじは石づきをとって小房に分け、マッシュルームは石づきをとって薄切りにする。
2.炒めて、トマトを投入。ローリエと一緒に1の材料を炒め、ホールトマトと固形スープの素を入れて煮る。
3.味を調えて完成。しっかり火が通ったら粉チーズ・塩・こしょうで味を調える。ご飯を入れて弱火で少し煮れば完成。

牛たたきレシピ待ちです

先日実家へ帰省中、近所のお料理上手の方が、牛のたたきを手土産に遊びにいらっしゃいました。

牛のたたきと言っても、生ハムの様な感じで、タレに一晩漬けこんであったので、味はもう付いていて、たたき風生ハムって感じでしょうか。
しかも手作り!!
激ウマで、一緒にいらっしゃっていた旦那様も得意げです。

「手抜きで出来てすごくおいしいから良く作るの!!」
ってニコニコしながら叔母さんは言ってたけど、こんな手の込んだ料理を手抜きと言ったら、私の作るお弁当のおかずたちは何と呼べばいいのでしょうか。

詳しいレシピはまだ聞いていないのですが、塩、ワイン、酢などをブレンドしたオリジナルのタレに漬けこんでいるそうで、レシピを聞いた暁には、一度挑戦してみたいですね。

肉の塊がまだまだ苦手な娘は、口に入れてかんではいたものの、しばらくすると吐き出してしまいました。
で、まあ、小さな子どもがいる家庭ではよく見る、子供のいない家庭ではオエッとなる光景なのですが、もったいないので、旦那がその食べ残しの肉を食べると・・・・

しっかりたたきのエキスだけは食べきったようで、無味な肉だったよう。

あまり肉好きではない娘ですが、このたたきの味は気に入ったようですね。
(^◇^)

お弁当のおかずに是非!!と旦那は言うけれど、残念ながら一応生肉なので、このたたき、作れたとしても、お弁当に詰めてあげるわけにはいきません。
でも、連休に行楽地に行く際に、保冷剤で包んで保冷バックに入れて持っていくことはできそう。
早く牛肉のたたきの料理教室が開かれると良いな・・・。

牛肉のごちゃ混ぜトマト煮

材料

  • 牛肉 
  • 玉ねぎ1個
  • 茄子 1本
  • 残り物の野菜 適当
  • マカロニ 適当
  • にんにく 1片
  • トマトの水煮缶 半分
  • 塩、荒びき胡椒 少々
  • 赤ワイン 大1
  • 固形スープの素 1個
  • オリーブ油

調理方法

  • フライパンにオリーブ油を入れてスライスしたニンニクを炒めます。
  • 玉ねぎを透き通るまで炒める。
  • 牛肉を色が変わるまで炒める。
  • 茄子とトマトに水煮を入れて赤ワイン、固形スープ、マカロニを入れて、蓋をする。
  • マカロニが煮えたらきたら、塩、荒引き胡椒で味を調えます。

お弁当に入れるなら、チーズをのせて焼いても美味しいです。
オムレツの具にしても美味しいかも・・・。

鮭チャーハン

材料

  • ごはん 茶碗2杯
  • 卵 二個
  • 塩鮭 一切れ 
  • 醤油 少々
  • 塩・胡椒

調理方法

  • 塩鮭は焼いて身をほぐしておきましょう。
  • 油とバターを鍋に熱し溶いた卵を一気に加える。(早めにしましょう)
  • 半熟のうちに、温かいご飯を加えて手早く混ぜる。
  • ほぐした塩鮭を入れて混ぜ合わせ塩・胡椒で味を調える。
  • 鍋肌から醤油をまわしいれる。

鮭の塩加減によって塩を加減してくださいね。
ネギのみじん切りを加えるのもいいとアリです。

もやし納豆

材料

  • もやし 1袋
  • 納豆 1パック
  • 青ネギ 適当
  • 納豆だし 
  • 醤油少々
  • 七味唐辛子(お好み)

調理方法

  • もやしを茹でてザルにあげる。
  • もやしを握って水気をきる。(ちゃんと水気をきってください)
  • 納豆は、十分かき混ぜてからだし、醤油を入れる。
  • 小口切りにしたネギとモヤシを混ぜ合わせる。
  • お好みで七味唐辛子をいれて出来上がり。

納豆好きにはたまらない料理だと思います。

小松菜の豆腐炒め

材料

  • 小松菜 1束
  • 豆腐 1丁
  • ごま油 大1
  • 酒 小1
  • 砂糖 小2
  • 醤油 小2

調理方法

  • 小松菜は2センチの長さに切る。
  • フライパンを熱して豆腐を細かくなるまで炒める。
  • ごま油を加えて小松菜も一緒に炒める。
  • しんなりしてきたら酒、砂糖、醤油を加えて。
  • 汁気がなくなるまで煮詰める。

ご飯にのせて丼にするのもお勧めです。

白菜の塩炒め

材料

  • 白菜
  • 卵 二個
  • 塩 少々
  • 醤油 少々

調理方法

  • 白菜は千切りにする(少し細かくした方が良い)。
  • フライパンに油を熱して白菜を芯のほうから順に炒める。
  • しんなりしたら、溶いた卵を加えてサッといためる。
  • 塩をお好みでくわえて、醤油を鍋肌からまわしいれて出来上がり。

白菜と卵と塩だけなのに素朴な味で美味しいです!